11/3(日)

本屋トークライブ

1部 19:00〜20:00
寺子屋ミシマ社がきっかけでこの本屋ができました。その名も?!

日本で一番面白い出版社 ミシマ社。 ミシマ社の社長はもちろん三島さんで、 ミシマ社がミシマ社であるのもやっぱり三島さんが居るからだと思うんです。 三島社長のエキスが詰まったミシマ社に突き動 かされたアマクサロ ーネのスタッフが、 ミシマ社の本を全て揃える究極にマニアックな本屋をこの天草に作ってしまったのも面白いし、 そのミシマ社の社長が、 その本屋に初めて訪れて、 どのような話 をするのかも、 また楽しみで仕方がないのです。 ぜひ!

2部 20:30〜21:30
『ミシマ社の雑誌ちゃぶ台vol.5』について

ちゃぶ台とは、 ミシマ社の雑誌です。 お金や政治にふりまわされず、 「自分たちの生活 自分たちの時代を 自分たちの手でつくる」。 創刊以来、 その手がかかりを、「移住」「会社」「地元」「発酵」などさまざまな切り口から探ってきました。 最新号のVol.5では、「宗教」と「政治」を特集の二本柱に据えられています。 これからの宗教とは? 政治にどう向き合えばいいか?三島さんからちゃぶ台Vol.5についてお話をしていただきます。

本屋と活版印刷所
熊本県天草市中央新町19-1

1部 2部どちらかのみ 1,000円
両方参加 1,500円

(コーヒー・鯛焼き付、受付でチケットと交換してください。)

申し込みは下記申し込みフォームからお申し込みください。

※応募多数の場合は先着順になりますのでご了承ください。
※お支払の際チケットをお渡しいたします。また、当日券のお問い合わせは本屋と活版印刷所ブースもご利用ください。

 

申し込みフォーム


三島邦弘(みしま・くにひろ)
1975年京都生まれ。出版社二社を経て、2006年10月東京・自由が丘でミシマ社を単身設立。現在は、自由が丘と京都の二拠点で「原点回帰」の出版活動をおこなう。ほぼ全書籍の編集を担当。年に一度刊行の雑誌「ちゃぶ台」では編集長を務め、「お金や政治に振り回されない生き方」を探る。
株式会社ミシマ社 http://www.mishimasha.com

10月刊
『ミシマ社の雑誌
ちゃぶ台vol.5

無宗教です」は通じない!
無政府状態は始まっている!?

あの「周防大島40日間断水」で、 なにが起こったのか?
日本の問題がすべてここに 凝縮していた……。
特集1 ぼくらの宗教
特集2 みんなのアナキズム
(ミシマ社の雑誌第5弾!帯文より)

寺子屋ミシマ社天草番外編 in 本屋と活版印刷所
夢の本屋ト ークライブまでの道のり

2016.11.3 ミシマ社の本屋さん出展。三島さん、池畑さん、鳥居さんご来島。
寺子屋ミシマ社「天草・雑談編」開催。 空き店舗、 夢やまつおか 2階二間つづきの座敷が会場。
本のトークライブと質疑応答など。
2017.11.3 ミシマ社の本屋さん出展。三島さん、田渕さん、ご来島。
寺子屋ミシマ社天草編「~天草で『ちゃぶ台』を作ったら~」開催。
市民体育館2階「菌」トークライブ。 田渕さんオペラサプライズ ♪
2018.11.3 ミシマ社の本屋さん出展。渡辺さん、池畑さん、ご来島。
寺子屋ミシマ社天草編「天草に欲しい、作リたい、 行ってみたい本屋ってどんな本屋だろう?」開催。
市民センタ ーエントランス2階
好きな本屋こんな本屋アイディア談義
2019.11.3 寺子屋ミシマ社天草番外編
本屋と活版印刷所

 

こんにちは〜。
アマクサローネ実行委員の面々とミシマ社熱烈サポーターの本屋です。
いや〜、春のオープンから、あっという間に半年が過ぎまして、まさかこのお店で、このトークライブが実現するとは!!

 

活版屋です。
昨年のアマクサローネでは、まさかこんな形で本屋と活版印刷所ができるとも全然思っておらず、さらにその場所で三島社長のトークショーが実現できるとは…アマクサローネ・ミシマ社編の集大成ではないかと思いますので、皆さんぜひ、ぜひ!

 

原点回帰 空前絶後
抱腹絶倒 七転八起
猫猫猫我 映画化希望

 

ミシマ社の存在を端緒にアマクサロネで結実した「本屋と活版印刷所」。
それは大袈裟に言えば思想の種の伝播だった!
当事者トークを本人たちが前線・現場でやります。必見!

 

早速リピーターさんの申込みもあり自ずと準備に熱が入ります。
一人キャンプファイヤー着火!楽しい時間になりますように!

 

 


本屋トークライブ申し込みフォーム

 


 

一般サポーター学生


1部のみ参加2部のみ参加両方の参加
 


 

Scroll to top