招聘作家

ba_s_kubota

ba_s_kanai

ba_s_lpack

ba_s_wakaki

ba_s_yoshinaga

久保田弘成

kubota_1_800

1974年  長野県に生まれる  
1997年  武蔵野美術大学造形学部彫刻学科 卒業  清水多嘉示賞受賞
   KIRIN CONTEMPORARY AWARD’97  奨励賞受賞
1999年  武蔵野美術大学大学院修士課程美術専攻 彫刻コース修了  優秀賞受賞
2004年  武蔵野美術大学卒業生対象留学制度パリ賞  受賞
   Paris Cite International des Art / パリ フランス  一年間留学
2006年 財団法人ポーラ美術振興財団助成金を受ける  
  ベルリン ドイツ 一年間留学
2007年 文化庁新進芸術家海外留学制度 研修員  
  ベルリン ドイツ 一年間留学

kubota_2_800

個展

1998年 「幻想民族」 ギャラリー那由多神奈川・横浜
1999年 「強力な楽園」 KEY GALLERY東京・銀座
  「幸福な徒労」 ギャラリー檜東京・銀座
2001年 「蟻の生き様」 ギャラリー檜東京・銀座
  「ぬかずく男根」 GALERIE SOL東京・早稲田
2003年 「Baluarte Salvaje 野生の砦」 Galerie NEBLOSAハラパ・メキシコ
  「泥の匂い」 Gallery GAN東京・表参道
2005年 「泥の匂いII」 Galerie NEBLOSAハラパ・メキシコ
  「泥の匂いII」 ガレリア・ラセン東京・国立
  「パリ小品展」 Roof東京・国分寺
  「パリ小品展」 CASUMI神奈川・元住吉
2008年 「歪んだ車軸」 MAKII MASARU FINE ARTS東京・浅草橋
2009年 「泥匂崇拝」 MAKII MASARU FINE ARTS東京・浅草橋
2010年 「極東ドローイング展」 MAKIIMASARU FINE ARTS東京・浅草橋
2011年 「廻船仁義」 MAKIIMASARU FINE ARTS 東京・浅草橋
2014年 「テキサス廻車」 MAKIIMASARU FINE ARTS 東京・浅草橋

グループ展参加

1995年 「二人展」 八王子アートセンター 東京・八王子
  「小平野外展」 小平中央公園 東京・小平市
1996年 「dip up hap」 目黒区美術館 区民ホール 東京・目黒
  「二人展」 国立市民芸術小ホール 東京・国立
  「環境アート展」 富士見台団地内 東京・国立
1997年 「KIRIN COMTEMPORARY AWARD’97」 キリンアートスペース原宿東京・原宿
    キリンプラザ大阪 大阪・心斎橋
1998年 「藤野国際アートシンポジウム」 神奈川・藤野町
  「アートフリーマーケット」 すどう美術館 東京・銀座
1999年 「武蔵野美術大学大学院修了制作選抜作品展」 武蔵野美術大学図書館展示室 東京
  「第二回武蔵野版画会」 greeting square 東京・原宿
2000年 「DAMZAN」 富山・黒部 黒部市国際文化センター・コラーレ
2001年 「GALERIE SOL 2001」 GALERIE SOL 東京・早稲田
2002年 「International Phallus Sculpture Contest」 韓国・三渉市 
2005年 「Terminal Europe Capital of Culture Cork 2005」 TRISKEL ART CENTERコーク・アイルランド
  「C,A,R,K 国際交流コンテンポラリーアーティストインレジデンスプログラム」 石川・金沢 金沢美術工芸大学構内
2007年 「JAPAN NOW 2007」 Theaterhaus mitteベルリン・ドイツ
2008年 「Dreamers Rendezvous」 A-forest Galleryニューヨーク・アメリカ
  「Life Project」 Theaterhaus mitteベルリン・ドイツ
  「ART TRAIL 2008」 Docklandsコーク・アイルランド
2009年 「仏像展」 MAKII MASARU FINE ARTS東京・浅草橋
  「your consent」 GALERIE BORN + BUSSEライプチッヒ・ドイツ
  「ART PLANT2009」 東京・東大和 狭山丘陵
  「Pigment & Pulp」 Tank Galleryロンドン・イギリス
2010年 「日常・場違い」 神奈川県民ホールギャラリー 横浜
  「街じゅうアート in 北九州 2010 産芸ものがたり前編・後編」 北九州
2011年 「Örebro OpenART 2011」 オーレブロー・スウェーデン
  「Subtle Construction」 ベラルド美術館 リスボン・ポルトガル
2012年 「糸島芸農」 福岡・糸島
  「CE QUI ARRIVE~これから起きるかもしれないこと」 浅草・花やしき
2013年 「IRON∞MAN」 大阪・名村造船所跡地
  「TEXAS SCULPTURE SYPOSIUM」 ミッドウエスタン州立大学 テキサス・アメリカ

海外におけるアーティストインレジデンス参加 及び 滞在制作歴

2002年 International Phallus Sculpture Contest 韓国・三渉市
2003年 Galerie NEBLOSA ハラパ・メキシコ
2007年 Galichnik Art Residencies ガリチニック・マケドニア
2008年 National Sculpture Factory コーク・アイルランド
  Bildhauerwerkstatt ベルリン・ドイツ
  DEAD CHICKENS werkstatt ベルリン・ドイツ
   JING ART RESIDENCE 上海・中国
  Cill Railing Visitor Center ケリー・アイルランド
2009年 Tapiola Guest Studio エスポー・フィンランド
2011年 Arta Taberna Das Almas ポルトガル・リスボン
  OpenArt オーレブロー・スウェーデン
2013年 Midwestern State University テキサス・アメリカ

kubota_news

金井工芸

kanai01

プローフィール
【古代天然染色泥染草木染工房 金井工芸】
金井志人(染色家)
1978年 奄美大島生まれ。
泥染めや天然染色に携わりながら、伝統的な大島紬以外のジャンルにもその技法を活用している。
現在多くの作家・アーティスト、ファッションブランドから要望に応えながら、自らも様々な作品を奄美で製作している。

アマクサローネの会期中、染めのワークショップを行います。
藍染と泥染、そしてその2つを混ぜた染め三種類を会期中に体験できます。

kanai02

L PACK(エルパック)

lpack_1_800

小田桐奨と中嶋哲矢によるアーティストユニット。
バックパックに詰めた最小限の道具と現地の素材を臨機応変に組み合わせた「コーヒーのある風景」をきっかけに、まちの要素の一部となることを目指す。

2007年より活動スタート。
2009年~横浜に仮拠点「L CAMP」を構え、廃旅館をまちのシンボルにコンバージョンする「竜宮美術旅館」(横浜/2010-2012)や、室内の公共空間を公園に変えるプロジェクト「L AND PARK」(東京/2011-2012)、みんなのアトリエ兼セカンドハウス「きたもとアトリエハウス」(埼玉/2012-)、ビジターによるビジターのためのスペース「VISITOR CENTER AND STAND CAFE」(名古屋/2013)などを展開。また、各地のプロジェクトやレジデンスプログラム、エキシビションにも参加。

lpack_2_800

若木くるみ

wakaki_2_800

若木くるみは1985年北海道生まれ。
2008年京都市立芸術大学卒業。
版画専攻だった在学中、教授から「作品よりあんた自身のほうが面白い」と遠回しに貶されたのを褒められたと思い込み、自分本体を作品の素材に用いるようになる。
2009年、剃り上げた自らの後頭部に顔を描くという荒技で岡本太郎賞を受賞。
受賞後は万能感に包まれてマラソンに活路を見出すも挫折…。
今回の展示では「天草の乱」にかけて「天草のrun」とし、再びランニングに励む予定。ただし決まっているのはタイトルだけなので、これから天草四郎のことを勉強します。

wakaki_1_800

個展

2007年 「うたたねの行方」 ART SPACE 其の延長(京都)
2008年 「うしろに顔のあるパラパラの上手なガチムチの女の子」 ART SPACE 其の延長(京都)
  「スタンドバイミー」 ギャラリー超能力(京都)
  「ブッダ」 編/かのこ(大阪)
2009年 「水陸両用かのぎょ」 ギャラリーjin(東京)
2010年 「モーターさま」 アートスペース其の延長/ギャラリー恵風(京都)
2011年 「お面」 岡本太郎記念館(東京)
2011~2012年 「車輪の下らへん」 ギャラリーjin(東京)
2013年 「若木くるみの制作道場」 坂本善三美術館(熊本)
2014年 「若木くるみの制作道場・今年も」 坂本善三美術館(熊本)

グループ展

2007年 全国大学版画展 町田市立国際版画美術館(東京)
2008年 「\POP/」 ギャラリーラク(京都)
  「new print artist」 ギャラリーjin(東京)
2009年 第12回岡本太郎現代芸術賞展  
  アートコートフロンティア アートコートギャラリー(大阪)
  「後ろの正面」あいちトリエンナーレプレイベント 愛知県立芸術センター
2010年 「きょう・せい」 京都芸大ギャラリー@kcua(京都)
2011年 岡本太郎100周年イベント 表参道ヒルズ
  「TARO LOVE」展 渋谷西武デパート(東京)
2012年 ふくやまアートウォーク 福山天満屋前(広島)
  シブカル祭 渋谷パルコ(東京)
2013年 ひいな展 遊美工房(岡山)
  外(soto) ブザンソン美術大学(フランス)
  六甲ミーツ・アート (神戸)
2014年 六甲ミーツ・アート (神戸)
  ふくやまアートウォーク (広島)
  さっぽろアートステージ (北海道)
2015年 ひいな展 (遊美工房)
  善三二十 坂本善三美術館(熊本)
  あそび・ひらく 岡本太郎美術館(川崎)

ワークショップ

2013年 地球がキャンバス〜靴底版画〜 富山県立近代美術館

パフォーマンス

2007年 全刈りなのにハンガリーに行く ハンガリー
2012年 シブカル祭 宮下公園(東京)
2013年 collectif Vortex ディジョン(フランス)
  BRAC 時の博物館(フランス)
  国際パフォーマンス・フェスティバル excentricite ブザンソン(フランス)
  collectif ödl ミュルーズ(フランス)
  lagénéralenord-est パリ(フランス)
  Corpusinact パリ(フランス)

賞歴

2008年 京都市立芸大卒業制作展 市長賞
2009年 第12回岡本太郎現代芸術賞展 太郎賞
2013年 六甲ミーツアート・グランプリ

よしながこうたく

yoshinaga_1_800

1979年福岡県生まれ。
九州産業大学デザイン科卒業。
18歳から作家活動をはじめ、イラストレーターとして国内外の様々な媒体の仕事を手がける。
絵本作品に「給食番長」シリーズ(好学社)、「ぷっぺと銭湯おとうさん」(好学社)、「ようかいガマとの」シリーズ(あかね書房)、「ぼくの兄ちゃん」(PHP研究所)、「ぼくだって ウルトラマン」シリーズ(講談社)他多数。

yoshinaga0002

yoshinaga0001

kumaemi